記事制作ー翻訳編|サンプル記事公開


翻訳記事のサンプル記事をご紹介

翻訳業界は、どんなジャンルにおいても常に海外のトレンドが意識される昨今、情勢に関わらず常に需要のある分野です。特に海外ニュースサイトやビジネス関連記事のリライト・翻訳や、翻訳者になるための語学習得に関する記事は伸びる傾向にあります。
言語は英語を中心に、今日本でファッションやエンタメなどトレンドの分野で注目を集めている中国語・韓国語などアジア圏の言語にも人気が集まっています。

リファイドにはこんなライターがいます。

ライター紹介

リファイドには、海外現地在住ライターのほか、翻訳の実務経験者、国家資格を保有するなど、確かな技術と経験を有するライターが在籍しております。
英語はもちろんのこと、中国語(繁体簡体)や韓国語などさまざまな語学を得意とし、「外国語」と「日本語」両方の観点からお客様のニーズに合わせて文章を翻訳いたします。ぜひお気軽にご相談くださいませ。

サンプル記事

リファイドのライターが執筆したサンプル記事を一部ご紹介します。

企業では「将来の海外進出」を見据えて語学が堪能な社員や、より正確な資料(書類)の翻訳ができる社員を採用する傾向にあります。
ですが、資料や文章の「翻訳」でよく誤解されがちなのは「留学経験や、海外ビジネス経験がある人ほど優秀」「TOEIC700〜800点以上の人材を重宝したい」と、英語力や外国語力ばかり重視されてしまうことです。
もちろん語学ができることも大切ですが、「英語(外国語)の文章をどのように日本語の文章に訳すか」つまり「国語力(語彙・表現力)」も同じくらい重要になります。

例えば「このニュース記事の英文を翻訳する」という際、単語を落とさないように全てを翻訳してしまうと、翻訳サイトのようなぎこちない文章になってしまいます。
ビジネス英語や専門語を使っている場合や、比喩表現を使っている場合もあるため、それらをうまく日本語の文章で違和感がないように翻訳しなければなりません。

まとめ

リファイドには、さまざまなジャンルに対応したライターが複数在籍しています。
オウンドメディアの新規立ち上げから、既存オウンドメディアの強化・改善まで。お客様のニーズにあわせて臨機応変に対応いたします。
ぜひ一度、リファイドにご相談ください。

最新情報をチェックしよう!

ライター紹介の最新記事8件