青い背景と紙飛行機

Wantedlyでスカウトするならプレミアムプラン!メリット・デメリット解説

青い背景と紙飛行機

採用の競争率が激化している現代で注目されているダイレクトリクルーティングを導入するなら、Wantedlyのプレミアムプランがおすすめです。自社が求める人材をスムーズに見つけられるでしょう。本記事では、Wantedlyのプレミアムプランのダイレクトスカウトについて詳しく解説します。


Wantedlyの「ダイレクトスカウト」とは?

開封された手紙と植物

Wantedlyにはダイレクトスカウトという機能があります。これを使いこなすことで、よりWantedlyの運用効果を実感できるでしょう。

ここでは、そんな重要な機能であるダイレクトスカウトについて解説します。

ダイレクトスカウトの意味

ダイレクトスカウトとは、企業側から候補者へスカウトメッセージを送れる機能のこと。この機能を活用すれば、ダイレクトリクルーティングと呼ばれる手法を実行できます。

競合よりもいち早く優秀な候補者とコンタクトを取れる可能性が上がるこの手法は、採用競争が激化している現代においては重要です。

プランごとのダイレクトスカウト機能

Wantedlyのダイレクトスカウトは、利用プランによってできることが異なります。

プランベーシックプラスプレミアム
アクティブ度による検索×
新卒スカウト×
求職者のプロフィール詳細閲覧××
高度なフィルタリング検索××
メッセージの上位表示××
  • アクティブ度による検索:Wantedlyへのログイン状況に合わせて求職者を検索できる
  • 新卒スカウト:求職者の新卒年度で検索できる
  • 求職者のプロフィール詳細閲覧:気になる求職者のプロフィール詳細を閲覧できる
  • 高度なフィルタリング検索:歓迎する項目・除外したい項目などを選択して検索できる
  • メッセージの上位表示:求職者へ送ったメッセージが、求職者のメッセージボックス内で優先的に表示される

本記事では、すべての機能が使えるプレミアムプランについて解説します。

【プレミアムプラン】ダイレクトスカウトのメリット

Wantedlyでダイレクトリクルーティングをするなら、やはりプレミアムプランをおすすめします。プレミアムプランのダイレクトスカウトを利用するメリットをチェックしましょう。

1.ユーザーの絞り込み検索ができる

プレミアムプランのダイレクトスカウトの場合、アクティブ度による検索に加えて高度なフィルタリング機能が利用できます。

アクティブ度の高いユーザーがわかるメリットは、返信率が高くなること・就職や転職をする意志の強さが図れること。高度なフィルタリング機能は、自社が希望する条件に近い人材をいち早く見つけられるという魅力があります。

これら2つの機能が付いているプレミアムプランなら、効率良く採用活動が進められるでしょう。

2.スカウト対象のユーザーが多い

スカウト対象の人数はプランによって異なり、3つの中で特に多いのがプレミアムプランです。

ベーシックプランが約110,000人、プラスプランが約160,000人に対し、プレミアムプランは約190,000人とされています。スカウト対象は多ければ多いほど、自社が求める人材と出会える確率も上がるでしょう。

3.ユーザーのプロフィール詳細が見られる

Wantedlyのスカウト画面

ユーザーのプロフィールの詳細が見られるのはプレミアムプランのみです。

プロフィールの詳細を見られるメリットは、そのユーザーが自社にふさわしい人材であるかを判断したり、そのユーザーに合わせてスカウトのメッセージを工夫しやすくなったりする点。

自社に合わない人材の選考を極力控えたいのなら、ぜひプレミアムプランを検討してみてください。

4.平均返信率が高い

他社とWantedlyのダイレクトスカウトの返信率比較

各プランによって返信率が発表されており、なかでも平均値が高いのはやはりプレミアムプランでした。

プレミアムプランの返信率は、他プランと比べてかなり高い20%という数値を実現しています。ちなみにこの確率は、他社と比べてもかなり高いです。

返信率に悩む企業は、Wantedlyのプレミアムプランを利用することで解決の糸口が見つけられるかもしれません。

5.送ったメッセージが上位に表示される

プレミアムプランを利用している企業がスカウトメッセージを送信すると、送った相手のメッセージボックス内で上位に表示されます。

他のスカウトメッセージに埋もれにくく、メッセージを読んでもらいやすいというのが嬉しいポイント。競合企業よりも優秀な人材を確保できるチャンスです。

【プレミアムプラン】ダイレクトスカウトのデメリット

5つもメリットがあるプレミアムプランのダイレクトスカウトですが、デメリットも多少は存在します。

次はWantedlyのプレミアムプランでダイレクトスカウトを利用するデメリットをチェックしましょう。

1.利用料金が他プランと比べて高い

まずは、利用料金がベーシックプラン・プラスプランに比べて高いという点が挙げられます。

プランベーシックプラスプレミアム
月額料金12.5万円15万円20万円

とはいえ、採用がスムーズに進めば活動期間が短くなり、結果的に利用料金や人件費といったコストを抑えられるでしょう。

2.採用に一貫性がないと自社に合ったユーザーを見極められない

一貫性のない採用活動をしてしまうとプレミアムプランの良さが発揮されません。

プレミアムプラン特有の機能である高度なフィルタリング・プロフィール詳細閲覧などは、ターゲットが明確でないと使いこなすのは難しいでしょう。ダイレクトスカウトで成功するためには、まず採用の目的やターゲットなどを明確にすることが大切です。

3.返信率はメッセージの内容次第

返信率が比較的高いプレミアムプランですが、メッセージの内容がイマイチであればなかなか返信がこないことも。ユーザーの興味を引くようなメッセージの作り方を学ぶ必要があります。

【プレミアムプラン】ダイレクトスカウトで成果を出すコツ

資料を用いて会議をする人々

ダイレクトスカウトで成果を出すには、以下の3点を意識することが大切です。Wantedlyのプレミアムプランを運用する際の参考にしてみてください。

1.自社に必要な人材を明確にする

まずは採用に一貫性を持たせるために、ペルソナ(具体的な理想の人物像)を設定しましょう。

採用目的や事業の計画に合う人材とは・優秀な現役社員の特徴とは、などを考えると決めやすいです。

例えば、即戦力のあるグラフィックデザイナーを必要としているのなら、実務経験あり・職歴5年以上・即入社可など。

使う検索KWやユーザーの選定基準は、決めたペルソナに合わせてください。

2.ユーザーの関心を引くメッセージ・タイトルを意識する

送るスカウトメッセージは、内容・タイトルをユーザーの関心を引くようなものにするのが成功のコツです。

メッセージ内にユーザーの名前・希望している内容と含める、タイトルの冒頭にユーザーが興味を持つようなKWを置くなどしてみましょう。

詳しい方法は以下の記事をご覧ください。

3.採用のプロからノウハウを学ぶ

採用のプロの知識・技術を学ぶのも有効的です。採用に関する講習に参加したり、運用代行をしている企業のスタッフからノウハウを得たりしてみてください。

Wantedlyでは株式会社リファイドが運用代行をしています。ダイレクトスカウトに関してはもちろん、メインページやストーリーの作成まで相談できるため、ぜひ採用スキルを向上させたい場合は利用してみましょう。

Wantedlyでダイレクトリクルーティングするならプレミアムプランを

パソコンを操作する人の手

Wantedlyでダイレクトリクルーティングをするなら、便利な機能が豊富で、採用効率がアップしやすいプレミアムプランがおすすめです。ぜひ成果を出すコツで紹介した方法を取り入れながら、プレミアムプランのダイレクトスカウトを活用してみてください。

お問い合わせフォーム

    青い背景と紙飛行機
    最新情報をチェックしよう!